« 四季の蔵 お食事編 | トップページ | ペットホテル(動物病院) »

2009年9月27日 (日)

しつけ教室「ジュニアパーティ」参加

ジュニアパーティという1歳~3歳を対象にした「しつけ教室」に行ってきました。
会場は、江東区のジョリージョブさん。

Dsc_5141_

ドッグカフェもありますよ。
リードがネクタイのようで、ちょっとオシャレ(笑)
Dsc_5139_01_

仔犬の時に甘やかして手がつけられないとか・・育て方に悩みがあるなんて人によいと募集要項に書いてあったので参加してみました。

ふうちゃんは、基本よい子だと私は思っていますconfident
でも、、やっぱり困ったことはたくさんあるわけで・・。
それが直ったら、どれだけ楽しく安心な生活が送れるかと思い・・。

行く前に困っていることを書き出してみました。

bombbearingbombcoldsweats01bombcryingbomb 
困っていますsweat01
・トイレシートにオシッコしない。
・散歩中に拾い食い。
・思い通りにいかないと吠える咬みつく。
・興奮体質。
・オイデができないことがある。
・ブラッシングを嫌がる。
bombbearingbombcoldsweats01bombcryingbomb

rvcarに乗ってしつけ教室へdash

行く途中大変なことが・・。膝にバッグを乗せて、そこにふうちゃんが乗るのですが
なにやら様子がおかしい。ぐえっ、ぐえっ。
「えっ?吐くの?」
あまり酔う犬じゃないのであわてました。
そして、ふうちゃんの吐いたものを両手で受け止めてcoldsweats01なんとか事なきを得る。
行く前に拾い食いしたものが当たったのではないかと。

さて、しつけ教室。なんと参加者は2組。
うちは2人で参加。もう1組は奥さま1人。

その前に行われていた「シャイパーティー」は参加者が多かったのですが。
より多く聞ける?ということですかね。

講師の先生から、「困っていることは?」と聞かれました。
困っていること、さっきのリストから上二つを言って、長くなったのでそんなところでやめました。お隣の奥さまのお悩みは「だんなさんの腕を噛みつくこと」流血するそうです。

その悩みを聞いてくださってる間、私たちと犬の接し方を観察されていたようで。
「主導権握られてますよ~好き勝手されてます」と。

ふうちゃんは、だんなさんがリードをもっていました。その状態を見て
「お父さんやさしいでしょ。優しいオーラが出ていますw」と。

するとふうちゃんが吠えだしました。
なでたり声をかけたりして、なだめようとすると「触ること自体が吠えていることを認めていることになる」とのことでした。そうなの??

そこで先生。犬に向かって、どでかい声で一喝。

「うるせーーー---!!」

2匹とも、吠えるのをやめてピタッと大人しくなりました。
わたしまで声の大きさにビビるcoldsweats01
この一瞬の効果で、話しを聞く気持ちがより真剣になってきました。

先生「2頭とも甘やかされています・・」

そんなこんなで2時間のしつけ教室がはじまりました。
犬のリードギリギリのところを足で踏み、伏せの状態にします。
このまま、話を聞きます。

犬は飼い主さん次第。
飼い主さんのしつけ次第で犬は変わる。
犬のせいにしないってことですね。
ダメ犬なのよーとか言う人がいたら飼い主さんがダメなんだと。

「命を守ること」がしつけだと先生は考えるそう。
ノーリードで飼うということ。それは命綱がないこと。

玄関から飛び出した犬を止められる自信があるか・・
他人の子を咬んだら・・。他人の命も守れない。
crying私たちには、止められる自信がまったくありません。

遠隔コントロールのノウハウ。ヨーロッパの文化(シープドッグなど)
それができるようになること。それが命を守ること。

お手お座りは芸。できてもできなくても命には関係ない。

風太もお手お座りなど「芸」をします。
でも、100%やるかと聞かれたら「NO!」
やるかやらないかの決定権は実は犬にあると・・。
うーーーん、思い当たることてんこ盛り。
芸はできなくてもいいけど、「まて」は100%じゃないとダメだと言ってる意味がわかってきます。

1年一緒に過ごしてきて、ふうちゃんは本当に大切で他の犬で代替がきくものではないです。
ふうちゃんには、心から長生きしてもらいたい。

しつけは「母犬に習え」と。
母犬はほめないそう。
ん?わたし、年がら年中ほめてますが・・。
オシッコできればイイコねぇー。お座りできたイイコイイコ。
ほーら、ごほうびよ。って。

母犬の教え、それは
「集団生活でのルールを守らせること」
り・・立派だわ・・・sweat02

犬は群れ社会ですからね。

そこで、母犬の教育について聞きました。
さっそく実行してみようと思います。今日から母犬ですわん!

そうそう、この2時間ずーーーっとリードふみっぱなし。
犬は身動きとれません。その間、2匹はうなる、ふるえる、にらむなど色々やってます。
その間、視線を合せてはいけない。根気負けしてはダメなんですね。

そうするとふうちゃんは、目を閉じて寝ているようなカンジに。
実際は寝ていないようだけど、あきらめてきたようです。
お隣のわんこは、もうちょい頑固。先生にらんでます。

このしつけを、まずはお家でやってみます。
ふうちゃんのリーダーになるために。

しつけについて、私も本も買いました。ネットでも調べました。
テレビで特集があれば見て実行。
でも、ダイエットのようにw続かず。

毎日習慣。根気強く筋を通したしつけをする。そうすれば犬も混乱しない。
今日教えてもらったことが、必ずしもよいかどうかはわかりません。
でも、分かりやすかったし、なにより普段の行動の裏づけがついた気がして・・。
そして関係性がきっちりできれば、ダメなことはあまりないようなカンジでした。
先生も関西弁を時々まじえ、おもしろ楽しくきっちり教えてくれます。

そして、なにより命。
拾い食いなどさせなければ来る時に吐いたりしなかったかも。
もし毒だったら・・。あとで気づいても遅いものね。

教室終了後、私がアンケート用紙をヒラヒラさせてしまったせいで
参加していたワンちゃんに咬まれました。
ずーーっと押さえつけられてたし、イライラしていたのでしょう。
先生は怖くて当たれないから、隣にいたわたしに当たったのかもしれません。
このことも、しつけは大切だと思いました。
逆の立場だったら・・。まだ咬まれる側でよかった。


これで、私たち変われるかしら。。

P.Sパニーママさん、しつけ教室情報ありがとうございました!

Dsc_5211_

shineぼく変わりますshine


« 四季の蔵 お食事編 | トップページ | ペットホテル(動物病院) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

なんか!勉強になりました。
ペットを通じて、学ぶことは多いですね。

うちのは、集団行動とは関係なく、孤高のキケン動物。
なおさら、逃げ出したときに確保するワザ、わたし>天、の、上下関係を持っていたいと思いました。

そう。
天よりわたしのほうが精神的に上です。が、キバ、瞬発力、圧力、実は天に負けてる・・・。
バレないようにがんばります。

そういえばね。
実家の土佐犬。父には絶対服従でした。
父に怒鳴られると、足ががくがくしていました。
待て!フセ!で、ぴくりとも動きませんでした。
コイ!で、ダッシュ。脇にぴた。
地域の避難訓練にも連れて行っていました。父にぴたっとくっついて、石のように動かないコでした。
同様。子どもだった、わたしたち姉妹の命令も絶対にきいていました。
父は、趣味?なのか、ハンターをしていたときがあったようです。猟犬のしつけ、それが、そのまま採用されていたようです。

わたしには、父がこわい飼い主にしか見えなかったのですが、土佐ともなると、必要だったのでしょうねぇ・・・。
今回のトレーナーさんみたいなことを言ってました。そういえば・・・。

投稿: ぽー | 2009年9月28日 (月) 00時39分

しつけ教室行って来られたんですねー。
文面にシャイパーティとあったので、もしかして
パニーちゃんと同じ教室かな?と思ったら・・(笑)
先生の怒鳴り声、そりゃあママさんもビックリしたことでしょう! 緊張感が走りますね。
トレーナーさんによって、しつけ方法がそれぞれだなといろいろなブログを読んでいて日々感じています。

でも、「犬の命は飼い主が守る」ということは
本当にそうですよね! 
飼い主がしっかりしないと!改めて感じました!
我が家も、パパは怒るときはけっこう厳しいんですけど、私がなかなかなめられているなあ。

ポン太も、拾い食いがあるから、日が暮れてからのお散歩ができなーい(泣)

投稿: ポン太ママ | 2009年9月28日 (月) 15時24分

今回の記事、圧倒されました・・・。
お会いしたときに、風太くんにはどこにもダメなところが見当たらず、しつけ教室に行く必要があるのかしら?!と思いながら拝見させていただきました。
あの風太くんがまだまだとは・・・。
一目見て甘やかされていると、見抜いてしまう先生は流石ですね!この先生のように本気でワンコと接しないといけないんだと、考えさせられましたbearing
リードを踏みつけて、身動き取れない状態で2時間のレッスンに耐えさせる、これも根気が要りますよね。おうちでも実践させるとは・・・
うちはリードを見せるとお外に連れて行ってもらえるという認識があるのでギャンギャン吠えるのでこういう場合もとにかく耐えることが必要なんですね・・・。
褒めて伸ばすだけというのはちょっと違うんですねcoldsweats01

大変、お勉強になりました!
もっと、もっと真剣に「命を守ること」について
考えなくてはいけないんだと思わされました。
ありがとうございました!!

投稿: りんのんママ | 2009年9月28日 (月) 16時38分

行って来たんですね!!
多分、トレーナーの方は私の時と同じだったっぽいです!!

風太ママさんの記事を読んで、そうそう!!
と、色々よみがえってきましたcoldsweats01

シャイパーティーでも、1匹のジャックラッセルテリアの仔が結構
やんちゃで、その仔が鳴きやまず、先生の声が全く聞こえない…
で、先生怒鳴ってました!!coldsweats01
ママさん同様、私もビックリして、イスからお尻がちょっと浮いたんじゃねーか??
って感じでしたcoldsweats02

ちなみに、リードを踏むの私も教わったんですが、結構使えますね!!
先日ミュウにも試してみましたが、絶対に伏せしませんでした笑
外出先でも、パニーが言うこと聞いてくれない時にやったりしてます。
お互い大切なペットの為にも躾頑張りましょうね!!

投稿: パニーママ | 2009年9月29日 (火) 12時32分

appleぽーさん

ペットを通じて学ぶことが多い。本当にそう思います。

天ちゃんの万が一に備えるのは重要かと。
やっぱり強いですもんねぇ。小型犬だって本気だしたら負けると思う。
すっごい硬いものを粉々にする牙を持ってますから。
バレないように強いリーダーでいないとですよねぇ~。

土佐犬の話し、確かに土佐ともなれば絶対服従じゃないとと思いますね。でも、しつけるとなると並大抵のことじゃない。お父さん立派ですconfident警察犬の訓練の話しも泣けるぐらいせつなかったですよ・・。

appleポン太ママさん

行ってきました。パニーママさんの記事に思い当たることがあって、、(苦笑
行ってきてよかったです。
先生の声には驚いたけどcoldsweats01
でも、直接 声の音量(笑)を聞いたから、実践にも役立ちます。

家で一喝してみました!
同じとまではいかないけど、かなりビビってましたよ。窓を閉めるの忘れたのが失敗だけどw

しつけ方法、ほんと色々でわからないですよね。
でも「ふうちゃんは私が守る!」って気持ちで頑張っています。

ポン太パパさん厳しいんですね。うちは甘いですよ~。私の方がおっかないんです(笑
ママさんも頑張って!!

拾い食いもお互い気をつけましょうね~。
犬のことです(笑

投稿: 風太ママ | 2009年9月29日 (火) 12時52分

appleりんのんママさん

風太にダメなところが見あたらないだなんて・・
いやいや、外面がわりといいタイプで。
バレなかっただけですねcoldsweats01

でも先生にはバレバレでしたw
甘やかしているのは本当ですし、いちいち当たってて、途中ココロがイタタタとなってしまいました。

うちはリードを見せるとおおはしゃぎ。くるくる回ってリードに噛みつきますcoldsweats01
犬のいうことを聞いちゃうと、調子にのっちゃうみたいですね。あくまで主導権はこちらでconfident

ほめるのもコミュニケーションですし、いいと思いますgood
私もほめるのは続けるつもりです!


投稿: 風太ママ | 2009年9月29日 (火) 13時00分

appleパニーママさん

行ってきました~happy01
トレーナーさん、同じですかね。
私の開催場所は、結構せまい部屋で。
しかも生徒3人。
私だけ、犬無し、さらに真っ正面。
今思うと、かーなり濃い「しつけ教室」でした。

色々よみがえってきましたか(笑)
わたし、だんだん薄れてきましたw
3日坊主にならないよう頑張りますsweat01

怒鳴り声、驚きますよね~。
イスからお尻が浮いた(笑
分かりますぅ~。いやいや大音響でした。

リード踏み、同じく結構使えるなと思いました。
外出時の強い味方ですよね。
しかし、ミュウちゃんは強いですねぇw
女は強いのね、犬も人間もcoldsweats01

躾頑張りましょうねsign03

投稿: 風太ママ | 2009年9月29日 (火) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523678/46323190

この記事へのトラックバック一覧です: しつけ教室「ジュニアパーティ」参加:

« 四季の蔵 お食事編 | トップページ | ペットホテル(動物病院) »